三蔵開発メモ

iOS、Androidアプリ開発、WEB開発、AWS等の話題を共有していきます。

CentOS7のコマンドとか基本的な流儀

CentOS7を試していて、変わっていた基本の部分のメモ。

serviceのかわりにsystemctl

$systemctl start [サービス名]
$systemctl stop [サービス名]
$systemctl restart [サービス名]
$systemctl status [サービス名]

chkconfig on の代わり。

$systemctl enable [サービス名]

chkconfig off の代わり

$systemctl disable [サービス名]

動いてるサービス一覧

$systemctl list-units --type=service

iptablesのかわりにfirewalld

追加できるサービス一覧を確認

$firewall-cmd --get-services

httpを追加

$firewall-cmd --add-service=http --zone=public --permanent

httpsを追加

$firewall-cmd --add-service=https --zone=public --permanent

ホスト名変更

$sudo hostnamectl set-hostname 変更したいホスト名
$sudo reboot

ntpのかわりにchrony

chronyインストール

$sudo yum install chrony
$sudo vi /etc/chrony.conf
**↓上を↓下のように変更**
# Please consider joining the pool (http://www.pool.ntp.org/join.html).
server 0.centos.pool.ntp.org iburst
server 1.centos.pool.ntp.org iburst
server 2.centos.pool.ntp.org iburst
server 3.centos.pool.ntp.org iburst
↓
# Please consider joining the pool (http://www.pool.ntp.org/join.html).
#server 0.centos.pool.ntp.org iburst
#server 1.centos.pool.ntp.org iburst
#server 2.centos.pool.ntp.org iburst
#server 3.centos.pool.ntp.org iburst
server ntp.nict.jp iburst

自動起動

$sudo systemctl enable chronyd.service

起動

$sudo systemctl start chronyd.service

同期チェック

$sudo chronyc sources

Cronがanacronになっている

これは非常駐型で指定範囲時間にランダムに実行されてしまうそうです。 CentOS6系のcronを引き続き使いたいときは、今入っているのを削除して新しくインストールする必要があります。

$sudo yum -y install cronie-noanacron
$sudo yum -y remove cronie-anacron