三蔵開発メモ

iOS、Androidアプリ開発、WEB開発、AWS等の話題を共有していきます。

MongoDBを少ない容量で起動させる

MongoDBを普通に起動させると、ジャーナルファイルが3GBくらい一気に容量を確保してしまうので、 開発環境などでは不便。

以下のように設定すればジャーナルファイルのサイズが128MBになる。

sudo serivce mongod stop
#失敗したら sudo killall mongod

sudo rm /var/lib/mongodb/journal/*
#設定によっては場所が違う場合もあるので注意

sudo vi /etc/mongod.conf
#(または、mongodb.conf)
#以下を追加
----------
journal=true
smallfiles=true
----------

sudo service mongod start

dfコマンドなどで容量がすくなくなっていればOK。